小学生(ジュニア)のもも裏の肉離れ|正しいストレッチ・マッサージ・リハビリ

息子がもも裏が肉離れになってしまったので、いろいろ調べてまとめてみました。

 

肉離れとは、簡単に言うと「筋肉の繊維がブチブチと切れてしまうこと。」

肉離れが起きたしまった時点で元々、疲れがたまっていたり、

動きが悪く柔軟性が低くなっていた可能性が高い。

肉離れが起きたという事実は、たまたまではなく体全体を見直すべきサインでもある。

よくなったら終わりではなく、次にならないようにしっかりメンテナンスする。

筋肉が固くなってしまう状態でもある。

長く固まってしまうと、固くなってしまったままになってしまうのでストレッチをする。

 

【肉離れは温めた方が良いか?冷やした方が良いか?タイミングによって変わる】

・受傷後1,2日は冷やす(内出血・炎症を起こしている)

・受傷後何日かたった後は温める。

 

【リハビリ1:受傷後はお風呂で体全体を温める】

 

血流が早くなることで自然治癒能力が高まり、

治りが早くなるので、お風呂で全身を温めるのがおすすめ。

筋肉が固くなって怪我をしやすくなってしまうので、お風呂で温めるのは効果的。

 

【肉離れ正しいストレッチ】

初期の段階で無理やり伸ばすのは良くない。

痛くない、自分が心地よい範囲ではじめる。

 

【もも裏(ハムストリング)実演動画】

ハムストリングスのストレッチ法 初級編 筋肉痛・肉離れの方にオススメ!和歌山の整体「廣井整体院」

参考動画

肉離れのリハビリをはじめる前におさえておきたい3つのこと

【再発防止のためにやっておきたいトレーニング】

ハムストリングスの肉離れ再発を予防するトレーニング

 

ハムストリングスの肉離れ再発を予防するテーピング

コメントを残す