【サッカー受験クラブチームにのし上がれ】のまとめ

【サッカー受験クラブチームにのし上がれ】

 

を読んでみて役に立った、勉強になった記事やフレーズをまとめてみました。

弱いチームの特徴
寄せてこない・スペースが十分にある・あたりが弱い・ついてこない

 

今までに実際にプロの選手を数多排出している実績のあるチームが理想

現状、多くの選手達は、いわゆるエリートコースと呼ばれる育成システムや、徹底的な訓練を乗り越えて、プロというポジションをつかんでいます。
受験先を選択する上では、今までに実際にプロの選手を数多排出しているとか、プロを排出しはじめている、あるいは排出する可能性の高い超強豪チームへの受験が第一志望になるはずです。

超強豪クラブチームの倍率は28倍(合格率4%)

合格できるのはほんの紙一重の差に過ぎません。他の選手達よりも足が速いとか、足元がうまいとか、スペースに抜け出られる、とかでも構いません。何よりも闘争心があり、1番汗をかいているというのは、素晴らしいアピールポイントになります。

強豪クラブチームに所属さえできれば「超強豪」クラブチームとの対戦が数多く実現します。すると、その戦いの中でテクニックもメンタルもフィジカルも鍛え上げられますし、もしかしたら、ジャイアントキリングを遂げることができるかもしれません。

選手の可能性を見極め、選手の1人1人に適した指導をすることです。また、将来サッカープレイヤーになるために、絶対にしてはいけないこと、必ずしなければならないことを身につけさせるのが小学生時代なのです。

「すごい選手の後ろには、すごい親がいる」

小学生時代に大切なのは、勝つための戦術を身に着けさせるのではなく、プレイのセオリー(理論)とそれを行う習慣や、行える「個」の能力を身に着けさせるのが、小学生年代で最も大切なことだと言われているのです。

特に小学生年代の優秀な選手たちに触れていると、間違いなく言えるのは、ほぼ全員がご家族の努力によって育てられているということです。「すごい選手の後ろには、すごい親がいる」そう考えた方が納得がいきます。

スプリント能力(走力テスト)
試験に25m走や50m走、リフティングなどの項目がある場合は注意。
セレクションを受けるチームによっては、足が速いだけで合格するなどありえない加点評価になり得たり、失格項目になる可能性もある。

1次セレクションのミニゲームで見られるところ
積極性、献身性、諦めない気持ち、自分の武器(特徴)
とにかく大事なのは、動けていること、積極的であること、ゲームを主導していること。

セレクション前に行われる練習会

練習会はセレクションが始まるだいたい1ヶ月~2ヶ月前くらいから実施される。
セレクションと違って、1回きりとかではなく何回か参加してアピールすることができます。
そこで認められるとスカウトの話が来ます。

うちの息子が所属しているチームの上級生はレギュラー5人がJ下部のジュニアユースに内定が決まりましたが
(7月くらいには決まってました)、全員練習会からの内定になっています。

適切な時期に適切な方法で訓練する

 

コメントを残す